盤配線支援システムWiring PLAN 2D/3D

盤配線支援システムWiring PLAN 2D/3D

盤配線支援システム
設計から製造まで大幅な工数削減を実現する配線CAM
パッケージソフト

製品概要

製造現場を熟知したノウハウによって作成した
配線CAMパッケージソフトです。

ACAD-DENKIで作成した回路図・配置図から布線/測長処理を行い、各種配線加工機で使用できるデータを出力可能です。
従来の現物合わせによる配線の作成を、CAD内の布線・測長計算によって前倒しで行う事ができます。
なおかつ、パート社員でも配線作業が可能な捨てチューブ付き配線を作成できます。

  • 納期短縮
  • 品質アップ
  • コストダウン

の全てにおいて劇的な成果が得られます。

こんなお悩みを解決します

1. 製造納期が短い

筐体が出来る前に全ての前準備がそろいます。
CAD内で配線の測長が出来るので、筐体の完成を待つ間に電線の作成、マークチューブ作成、器具ラベル作成、端子記銘板の作成などの製造前の準備をすることが出来ます。

2. 図面のケアレスミスが多い

製造前に図面チェックができます。
回路図と実装図から実作業に準じた配線情報を出力するので、回路図、実装図の比較チェック、電線の繋ぎ先チェックなど、製造時と同じチェックが図面作成の段階でできます。

3. パート社員の教育が難しい

作業を標準化でき、組み立て作業に高度なスキルは不要です。
布線リストを見ながらの配線作業なので、図面を見る必要がなく、これまでの「図面を見ながらの配線作業」に要求される「シンボルや部品、電線サイズを覚える(教える)」必要がなくなります。

4. 忙しくても作業分担しにくい

布線リスト(FromToリスト、バック図リスト等)で分担作業できます。
布線リストで配線作業が標準化され、作業工程の進捗が管理できます。またリストと加工済み配線を分配して多人数で作業が可能です。
急な納期物件にも柔軟に対応できます。

5. 廃棄する部材が多い

廃棄する部材を極力なくせます。
入線作業前に電線の両端圧着加工を済ませておけます。部品合わせで電線を見込みカットする作業をされていると、無駄な電線が発生しますが、その様なロスが0になります。

6. 作業者によって品質にバラつきがある

製造のムラがなくなります。
FromToの情報を元にした作業は、誰が作業しても同じとなりますので、作業者の個性で品質にバラつきが出るような事がなくなります。

7. 製造工程の把握が困難

製造工程の把握が容易になります。配線の本数が予め分かりますので、どれくらい製造時間がかかるのか、後どれくらい残っているのか、把握する事が容易になります。工程管理することで、製造の効率化が図れます。

8. 原価計算、製造時間コストが不正確

原価の計算がより正確になります。盤ごとの電線の本数、圧着端子の個数がわかりますので、より正確に原価計算、製造時間コストを出す事ができます。

9. 設計変更に対して時間がかかる

設計変更に対して正確かつ迅速に対応できます。
設計の変更が出た場合、差分リストを出力する事が出来ます。必要な配線、不要な配線がリストで出力できます。

設計から製造まで大幅な工数削減を実現

製造工程の10%〜40%を効率化できます!

設計・製造情報の電子データ化による、図面や布線リスト(FromToリスト、バック図等)のミス防止、
管理の容易さも効率化に大きく貢献します。

板金と同時に配線作業を進める事が可能となり、配線時間も短縮できるため、大幅に納期を縮める事が出来ます。

従来方式では

シーケンス図を見ながらの入線作業

電線 1本 0.1時間(6分)
1000本 × 0.1時間 = 100時間(12.5日)※1日=8h

測長方式では

配線支援システム(WiringPLAN)を使用した場合

  • 配線支援処理時間 電線 1本0.021時間(1分16秒)〜0.016秒(57.6秒)
  • 電線作成時間   電線 1本0.019時間(1分9秒)
  • 入線時間     電線 1本0.044時間(2分38秒)〜0.035時間(2分6秒)

1000本 × 0.084時間 = 84(70)時間(10.5日(8.8日))
※1日=8h

ページトップ