V14 以降のフォントマッピングファイルについて

BricsCAD V14.1 以降には日本語ベクトルフォント(japanese.shx)がインストールされ、フォントマッピングファイル(default.fmp)には、以下の内容が追記されています。
 ; JA_JP addition
extfont2;japanese.shx
extfont;japanese.shx
bigfont;japanese.shx
 

これにより、BricsCAD で DWG図面ファイルを開いたとき、文字フォント bigfont, extfont, extfont2 が、japaneseに読み替えられて表示されます。

japanese への読み替えが困る場合は、フォントマッピングファイル(default.fmp)を編集し、BricsCAD が参照する先へコピーしてください。

(参考)

extfont2 を japanese に読み替えしない default.fmp の記述例
; JA_JP addition
;extfont2;japanese.shx
extfont;japanese.shx
bigfont;japanese.shx
 

(説明)

不要な行は、先頭に";"(セミコロン)を挿入し、コメントとしてください。
読み替え前のshxフォント名(拡張子 shxを付けない);読み替え後のshxフォント名(拡張子 shxを付ける)

(コピーツールのダウンロード)

BricsCAD V17 用のコピーツールと BricsCAD V17 でインストールされる default.fmp (読み替えしないように編集済み)を含んだZipファイル(64bit用も含む)は、こちらから ダウンロード してください。

 
default.fmp 編集後にコピーツールを実行することで、参照先へ default.fmp を自動的にコピーします。
コピーツールの使い方については、zipファイル内の BricsCpyFmp.txt をご参照ください。
 
BricsCADの旧バージョン(V14以下)用のコピーツールをご要望の場合は、サポート宛にお問合せください。


本社 〒532-0011 大阪府大阪市淀川区西中島2-14-6 新大阪第2ドイビル 5F06-6300-0306
東京支店 〒141-0022 東京都品川区東五反田1-6-3 いちご東五反田ビル 7F03-3444-7107
沖縄支店 〒901-0152 沖縄県那覇市小禄1831-1 沖縄産業支援センター403-1号室098-859-8311
名古屋営業所〒460-0002 愛知県名古屋市中区丸の内2-19-32 Pinetreeビル 3F052-201-9550

© Alfatech Inc,. All Rights Reserved.